マヌカハニーのUMF数値はシーンや用途に合わせて使い分けよう!

UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)とは、ニュージーランド産マヌカハニー特有の抗菌作用を数値化して表したマークです。

マヌカハニーを選ぶ際にUMFに注目する理由やUMFの数値別に最適のシーン、使用方法をご紹介します。

マヌカハニーのUMFに注目する必要があるのはなぜ?

マヌカハニーのUMFに注目する必要があるのはなぜ?

マヌカハニーのボトルに表示されているUMFに注目するべき理由は、次の3つです。

UMFハニー協会(UMFHA)によって厳しいチェックを受けている

ニュージーランド産マヌカハニーが世界に注目されると共に、粗悪な商品も販売されるようになりました。UMFはそのような商品から消費者を守るために、真正なマヌカハニーであるということを保証するマークです。UMFマークは生産者自身ではなくUMFハニー協会が第三者的な立場から生産施設や販売までの過程、また販売後の品質までも厳しくチェックしています。

マヌカハニーに含有されるMGOの指標となる

UMFはマヌカハニーが持つMGO(食品メチルグリオキサール)の力を表しますので、含まれているMGOの量と比例する関係にあります。UMF6+だとMGOは113mg/kg、UMF10+はMGOが263mg/kg、UMF20+ではMGOが829mg/kgです。

異なるメーカーのマヌカハニーでも比較しやすい

異なるメーカーのマヌカハニーでも、UMFという統一基準があることで、その効果を比較しやすくなります。そのため、価格に見合った効果が期待できるかを消費者が判断し、賢く選べるというメリットがあります。

UMF数値別の最適なシーンや用途

UMF数値別の最適なシーンや用途

UMFの数値が高ければ高い程、優れているというわけではありません。UMFの数値が高いと価格も高くなるうえ、マヌカハニーの独特の風味も強くなります。シーンや用途に合わせて数値別に選ぶことが大切です。

UMF5+

料理の隠し味など栄養補給の用途として使うのがおすすめです。マヌカハニーを初めて食べる方も、まずは風味が強くないUMF5+から試しましょう。

UMF10+

日常的に食べる習慣をつけたい方は、UMF10+が食べやすさや価格からもおすすめです。

UMF15+

スポーツの後、リカバリーを目的としたエネルギー補給に活用できます。

UMF20+

喉がイガイガと乾燥している場合、痛みの緩和や保湿を目的として摂取します。

UMFマークがあるのはもちろんのこと、お届けするマヌカハニーにはニュージーランドの国家的アイコンALL BLACKSのロゴが入っています。ALL BLACKSはニュージーランド代表のラグビーチームで、マオリの伝統舞踊「ハカ」を行うことでも有名です。ブランドに適した高い品質と標準に責任を持ち、本物のニュージーランド産マヌカハニーだけを提供いたします。

UMFマークのあるマヌカハニーを提供するKENZ

サイト名 オールブラックス公認マヌカハニー販売店 KENZ
販売業者 株式会社プレイン
運営統括責任者 嶋村賢次
住所 〒014-0347 秋田県仙北市角館町小勝田鵜ノ崎30
電話番号 0187-52-1122
メールアドレス kenz@nzhoneybees.com
URL https://www.nzhoneybees.com/