マヌカハニーの魅力ってなに?実は凄いマヌカハニーの秘密

「マヌカハニー」という言葉を耳にしたことはあっても、どのようなものなの?と疑問に思う方も多いと思います。

実際に食べてみたい…と考えている方に役立つ、マヌカハニーの魅力・情報をご紹介します。

マヌカとは

マヌカとは

マヌカハニーと聞いたとき、なんとなく「はちみつかな?」と想像する方は多いでしょう。マヌカは日本ではあまり聞き慣れない言葉ですが、実はマヌカというのは、ニュージーランドで古くから伝わる呼び名です。マオリ族の人々は、“復活の木”という意味を持つマヌカという言葉を用いて、親しんできました。

マヌカは、花の名前です。英語ではニュージーランドティーツリーとも言われていて、直径1cmほどの可愛らしい白い花が咲くのが特徴です。

マヌカハニーと普通のはちみつとの違いは?

はちみつといえば甘い香りと味ですが、マヌカハニーは普通のはちみつのイメージとはかけ離れています。そのため、初めて口にした方の多くが驚きます。

普通のはちみつは、万人に受け入れられやすいように加工されていますが、マヌカハニーは普通のはちみつに比べて水分量が少なめで、味は濃厚なのが特徴です。甘味はありますが、香りは甘くありません。薬のような味わいで、普通のはちみつに比べて食べにくいと感じる方もいます。

マヌカの歴史

マヌカの歴史

マヌカの木は、約8000年以上前から存在していたと言われており、マオリ族は木の堅さを利用してクサビを作ったり、葉や樹皮、枝を煮たりオイルを抽出したりしていました。

世界中から本格的に注目されるようになったのは、1982年に、ピーターモラン博士によって「マヌカが健康サポートに役立つ」という内容が発表されてからです。

マヌカハニーの希少性

マヌカハニーが健康に役立つとして、一気に注目されるようになったものの、マヌカは元々数の少ない貴重な木で、採取量にも限りがあります。また、マヌカが育つ環境はとても限られていて、どこでも育つわけではありません。

とりわけ、土の栄養分が乏しく、乾燥した亜寒帯寄りの温帯地方で育ちやすいのですが、人の手によって土壌改良されると生育が悪くなるとも言われています。そのため、マヌカの木は絶滅の危機に近づいている…そんな希少な木です。

健康や美容を意識して通販でマヌカハニーを探している方は、UMFマークが付いたニュージーランド産のマヌカハニーをご購入ください。「マヌカハニーは食べにくいイメージがあるけれど、こちらのマヌカハニーは食べやすい」と思っていただけるよう、品質にこだわった商品を通販でお届けいたします。30代〜50代の女性や60代〜70代の男女から多くのお問い合わせをいただいておりますので、ぜひ通販をご利用ください。

マヌカハニーを通販で購入するならKENZへ

サイト名 オールブラックス公認マヌカハニー販売店 KENZ
販売業者 株式会社プレイン
運営統括責任者 嶋村賢次
住所 〒014-0347 秋田県仙北市角館町小勝田鵜ノ崎30
電話番号 0187-52-1122
メールアドレス kenz@nzhoneybees.com
URL https://www.nzhoneybees.com/